2007年05月03日

脂肪吸引のあれこれ

脂肪吸引したい気になる部位にはどんなものがあるのか?
顔、二の腕、ふくらはぎ、腹、尻、頬、豊胸、まぶた、瞼、太もも、顎、下半身…ん〜けっこうありますよね。脂肪吸引ではどれも大事なポイントですよ。

脂肪吸引をぜひ受けたいクリニックにはどこがあるのか?やはりここかな?高須クリニック!やはり有名ですね。なんかしっかりやってくれそうですからね。

脂肪吸引がけっこう盛んな地域もあるみたいですが…大阪、名古屋、東京、福岡、札幌、広島、仙台、横浜、品川、関西、千葉、銀座…やはり都心はかなりさかんに脂肪吸引がされているようですよ。
テレビでもよく耳にするようになってきましたからね。

脂肪吸引ってやはり気になるのは効果・体感っていったところでしょうか?
体験談、そのなかでも失敗談なんかはすごく参考になりますね。
いろんな症例写真、結果、経過、術後なんかも載っていてやる前には知っておくほうがいいですよね。
脂肪吸引でもメスを使わない、切らない、メスがいらないそんなうたい文句のところもみてるとけっこうありますね。
その他、モニター募集、キャンペーンなんてところもありまして、 ダイエット体験日記 
中には、トラブルや事故、死亡したなんてのもありますからそんなの聞くとちょっと慎重に脂肪吸引の手術を受けた方がいいかも。

脂肪吸引といってもいろいろな表現を目にします。
美容整形、超音波手術、美容外科、注射、レーザー、マッサージ…とわからないことがあったらぜひ事前に専門医の方にしっかりと説明を受け、納得して話をすすめていきましょう。 

脂肪吸引の気になる料金は?やはり格安、安い、激安といったところでやりたいのですが、ん〜値段、費用は千差万別、よ〜く評判とあわせて検討の余地有!自分の体にいくらかけるかは自分の気持ち次第かな?

脂肪吸引のことまだまだわからないことだらけ!そんなときは、クリニックの広告とあわせてブログや口コミ、2ちゃんねるとか実際のところの話も一度みておくと参考になりますね。



ラベル:脂肪吸引
posted by こもっち at 19:39| 脂肪吸引手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月28日

脂肪吸引手術の実際

脂肪吸引の手術


 脂肪吸引の手術は、具体的にはどのように行われるのでしょうか?気になりますよね。


 脂肪吸引の順序は、大まかには以下のようになっているようです。


 (1)脂肪層に薄い麻酔液と止血剤が入った生理食塩水を注入し、脂肪細胞をふくらませる。

 (2)直径2〜4mmの細い金属管(カニューレ)を、皮膚に開けた小さな穴から通して、脂肪を「脂肪吸引機」で吸い出す。

 (3)最後に皮膚に開けた穴を縫合。

これだけです。開ける穴も実際に小さいものですよ。これが本当に心配ですよね。痕が残るんじゃないかって…きれいになりますよ。


 脂肪吸引の際は、麻酔液と止血剤の効果で、痛みや出血はほとんどありません。また前もって脂肪細胞を膨らませているため、脂肪吸引をしても、皮膚の表面がデコボコになることもありません。

きちんとクリニックでやってくれますので、安心ですね。でもくれぐれも手術を受ける際は慎重な判断をお勧めします。



ラベル:脂肪吸引 手術
posted by こもっち at 00:10| 脂肪吸引手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

脂肪吸引手術について

脂肪吸引とは


 脂肪吸引とは、1970年代にフランスのフルニエが開発した痩身術です。な、なんと金属の管で皮下脂肪を吸い出すっていうものです。よく考えましたよね、こんな方法!この脂肪吸引の技術により、苦労してダイエットしたり、大掛かりな外科手術をしたりすることなしに、短時間で脂肪を取り除くことができるようになりました。これは本当に驚きですよ。


 脂肪吸引で使う金属製の管のことを「カニューレ」といいますが、直径数ミリの細いものです。よって、脂肪吸引の際に皮膚に開ける穴も大変小さいので、体への負担が小さいことはもちろん、傷跡も数ヶ月でほとんど目立たなくなります(ただしケロイド体質の人は要注意)。


 脂肪吸引は、「すぐにでも痩せたい」という人にとってはとても嬉しい技術ですね!安心の技術ではありますが、うける前にはいろいろと専門医にアドバイスを受けることをおすすめします。できればやっぱり自力でダイエットして痩身できるといいですよね。

ラベル:脂肪吸引 痩身術
posted by こもっち at 20:00| 脂肪吸引手術について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。